2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

写真

今回の地震で、私は幸いにもD70もルミックスも無事に持ち出すことができ、
いち早く車に避難させておきました。
写真を撮ろうと思えばいつでも撮れました。
でも、プロでもない私にはとてもカメラを向けることができませんでした。
現実を前に、無傷でいられた者が傷ついた残骸にカメラを向けることがためらわれ、
決して面白がっているわけではないですが、それでも不謹慎な気がして、
シャッターを押す気持ちになれませんでした。

ほんの数枚だけ、やっと撮った写真です。
車を走らせながらとか、携帯で撮ったものなどしかなく、写りも悪いです。
連日、テレビや新聞で報道されているものを、
嫌というほど目にしていることと思いますので、それがすべてです。
私は、本当に身近なところで見たわずかなものを…

↓会社のすぐ脇の道路のマンホール
 津波の水はここまできました。マンホールも上がり、2件隣の会社まで水が上がってしまいました。
20110311 009

↓通勤途中の道。田んぼの向こうは多賀城市です。
 がれきの山が突然あらわれました…
20110311_8.jpg

↓通勤途中の川です。いつもは水の少ない、ちいさな流れの川。
 あるはずのない船がひっくり返っている姿は、想像できない光景です。
20110311_3.jpg


↓会社は仙台市と多賀城市の境目にあります。車で5分も走らない場所。
 いつも、利用していた店、銀行、町並み…
 普通に暮らしている中で、誰もここまで津波がくるとは想像していなかったはずです。
 海が近いという実感する場所ではないんです。それくらい海は離れているはずでした。
 現実を目の当たりにすることができずにいたのですが、3週間以上経過し、
 どうしても銀行に行かなくてはならず走った国道。
 泥だらけだったり、いろいろなものが絡みついていたり、
 不自然に歪んだ形の車があちこちに放置され、持ち主が撤去できなかったり、
 見つからない車には、撤去しますという張り紙がされていました。
 道の両側には、生活用品やがれきなどあらゆる物が延々と積まれています。
 信じられない…その一言でした。
20110311_5.jpg

20110311_7.jpg

20110311_6.jpg

↓自宅のすぐ近所のセブンイレブン
 2度目の大きな地震の日、やっとこのくらい商品が並ぶようになったと嬉しくて写しました。
 まさか、この日の夜中、またあの揺れにあうとは…
 このあと2日間停電だったため、また午前中数時間営業だけになっていました。
 先ほど、行ってみたら営業は通常に戻っていましたが、品物は店内の棚に半分くらいでした。
20110311_9.jpg

20110311_10.jpg

1ヶ月間に撮った写真はたったこれだけでした。
こんな中、2度の揺れにも耐えて咲き続けてくれている胡蝶蘭の写真はたくさん撮ったのですが…
私にはこれがやっとでした。
災害の中、現実を受け止め伝え続けられる人は強い…そう感じています。


スポンサーサイト
[ 2011/04/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

freeflightさん 毎日たいへんお疲れ様です。

1ヶ月になりますね 先日の強烈な余震でまたフラッシュバックを起こすような、厳しい状況が戻ってきているのではないかと心配しています。

自分だったらどんなふうにしているだろう?被災地からの映像や情報を見るたびに自分に問いかける日々です。

今回の場合 あまりにも被災地のエリアが広く 阪神大震災のときの経験をそのまま生かす事がそう簡単ではない様に思います。

がんばらないで ぼちぼちと。 ぼちぼちと行きましょう(^^)/~~~ 

遠くて何の役にも立たないけど 今年Hatena-no-Tyawannは一生懸命東北を、そして楽天を応援しています。
[ 2011/04/10 18:33 ] [ 編集 ]

>Hatena-no-Tyawannさん

コメントありがとうございます。
大きな余震、ほんとうに怖かったです。
1回目を経験しているから、余計に恐怖心がありました。
ゴーっという地鳴りがしたあと、
縦に横に長く激しく揺れ、
家の中は前回よりもいろいろな物が倒れました。
前回のことがあったので、上の方には物を置いていませんでしたが、
家具が倒れたり、動いたり大きな移動があり…
今はひたすら、もうこんな揺れに襲われないことを祈るのみです。
遠くから応援よろしくお願いします。
ぼちぼち頑張ります!
[ 2011/04/10 23:20 ] [ 編集 ]

辛いことを辛いって言えて
自分の弱いところを伝えられる人ほど
素直でデッカい心を
持ってるんじゃじゃないかな~と
思ったりする今日この頃です

余震は大変でしたね(泣)
終わったわけじゃいかもしれないけど
きっと前ほど悪くはならないよね
これもカラ元気かな?(泣き笑)

こちらは桜が満開になりました
希望の春になりますように♪
[ 2011/04/10 23:26 ] [ 編集 ]

>サラロンさん

コメントありがとうございます。
やっと部屋の中が片付き、
今日の午後は気が抜けたようにぼんやり過ごしました。

怖いものは怖い。
不安なものは不安だと、口に出せることも必要なのかもしれないですね…。

先日、マンションの上の方に住んでいて、
この震災にあった方達が、
「マンションは壊れていないけれど、
怖くて戻れない。玄関で足がすくむ…中に入ることができない」
と、涙ながらにインタビューに答えていました。
女性だけではなく、男性の方達もでした。
マンションでまたあの揺れにあったら、
子ども達を守れる自信が今はないと涙するお父さんもいました。
みな、不自由でもしばらくは避難所で生活したいと言っていました。
聞いていて、涙が止まらなくなりました。
みんな恐怖心と戦っている。
外からみれば、家があってよかったじゃないと言われてしまう人達も、
みんな傷を負ってそれと戦っているんだ…
苦しくて、怖くて、辛いのは私だけじゃないって…
もう、大きな余震はたくさんです。
こないことをひたすら祈りながら過ごします。

桜が咲いたら、どこか行ける場所をさがし、
必ず桜の花に会ってこようと思います!

サラロンさんのブログに、
いつも元気を分けてもらっています。
ありがとう!!
[ 2011/04/10 23:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://freeflight430.blog101.fc2.com/tb.php/373-0e2f002a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。