2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

癒されて…

2007.7.29_9.jpg

朝に夕に、通る道。
今日はうみちゃんに会えるかなとつい姿を探しています。

泣きたいような気分の時、落ち込んだ時、
足の進まない時…
うみちゃんがお店から出てきてくれる姿を見かけると、
ほっと心が和みます。


今になってあらためて実感する日々。
私、サンにすごく救われていたんだなぁと。。。
スポンサーサイト
[ 2007/07/30 ] 感じた! | TB(0) | CM(3)

freeflightさん
こんばんは。ミニチュアシュナウザーでしょうか?昨年の12月に逝った亡き妹が嫁ぎ先で可愛がっていました。
子供に恵まれなかった妹は本当に犬好きでした。5年前、離婚して私達家族と共に暮らすようになって今のプードルを飼い始めました。妹の分まで私達家族で可愛がっています。freeflightさんも犬や猫の好きなとても
優しい女性のように思います。
つい、個人的な話をしてしまい失礼致しました。
[ 2007/07/31 22:05 ] [ 編集 ]

あのワンちゃんは、大切な妹さんの忘れ形見だったのですね。ご家族の皆さんに可愛がられてきっと妹さんも空の上で喜んでいるように思います。

離婚をして家を出る時、何よりもどんなことよりも心残りだったのが子どものように育てた犬を置いてくることでした。わが子を捨ててしまったような罪悪感と、何よりも寂しくて悲しくて。
サンボ(犬も名前です)のいない生活にやっと少し慣れてきましたが、まだ突然思い出して涙してしまうことも多くて。
一緒にしては申し訳ないですが、妹さんの気持ちがわかるような気がします…。
[ 2007/07/31 22:14 ] [ 編集 ]

私の妹の場合もfreeflightさんと全く同じでした。私が妹を連れて戻る時、妹は姑に犬を一緒に連れて帰りたいと懇願しましたが許されませんでした。私達とひとつ屋根の下で暮らすようになった時、妹が飼い始めたのが我が家のプードル犬 「チャー君」 なんです。
今夜の私のブログに載せました。
[ 2007/07/31 22:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://freeflight430.blog101.fc2.com/tb.php/36-a66d4b23


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。