2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帰り道

0608_25.jpg

会社からの帰り道、いつものようにテクテクと歩いていたら、
空き地に寝転んでいる子猫と目が合ったんです。
私は普通に通り過ぎようとしたのですが、
そのねこちゃん、むくっと起き上がりぎゅーんと伸びをして、
スタスタと真っ直ぐ私のほうに向かって歩いてくる!
可愛い甘えたような鳴き声をあげながら…
思わず動揺してしまった私。
「ごめんね。なんにも持っていないんだよ…」と声をかけ、
そのまま歩き続ける私の後をずーっとついてくるねこちゃん。
連れていくわけにはいかないし、困ってしまって立ち止まった私の足に、
すりすりと体をつけてくっついてきて。
とても人馴れした猫ちゃんだったのかもしれないのですが、なかなか離れようとしなくて。
だけど私は、ここで立ち止まってなでてしまったらいけないって自分に言い聞かせて…

心の中でほんの数秒格闘していたら、
自分でもとても意外で困ったことに、
涙が出て止まらなくなってしまいました。
いろんな想いがわーっと溢れてきてしまって…
「なんだそれ?」って思われてしまいそうですが、
私の中では刺さるものがあって。
もう1度ごめんねと言い、他の人が通り、ねこちゃんがそちらに気を取られている間に、
その場を逃げるように立ち去りました。
そのあと、駅に着くまでの長い道のり、ずーっと下を向いて歩いてきました。
足元の道だけを見て。

ちょっと悲しくなった今日の夕方でした。
スポンサーサイト
[ 2008/06/20 ] 感じた! | TB(0) | CM(2)

>帰り道

freeflightさんは本当に動物が好きなのだと思いました。
普段ならば日常の何処にでもある、誰にでも起こり得るシーンに過ぎないのに、こんなに深く受け止めている。
犬でも猫でも自分を嫌いと思う人の近くには決して近付いて来ないといいます。ですから、たとえ辛くてもこの事を悲しいと思って涙を流すのではなく、寄り添って来てくれた猫に有難うと言って上を向いて歩いて欲しいと思います。
[ 2008/06/20 23:33 ] [ 編集 ]

美銀座美人さん

励ましのコメントありがとうございます。
猫ちゃんに笑いながら「ありがとう」って言えるように、
ほんとにそう思います。そうしたいです。

今日はちょっと調子が悪くて、簡単なレスですみません。
おやすみなさい。
[ 2008/06/22 00:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://freeflight430.blog101.fc2.com/tb.php/164-5e92260f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。