2007 051234567891011121314151617181920212223242526272829302007 07





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

憧れ

2007.6.26_6.jpg

2007.6.26_3.jpg

2007.6.26_1.jpg


今勤めている会社が経営している食事処は外の庭に面している場所にも席を用意しています。
雨に濡れないように屋根がかかっているので、晴れた日も、雨の日も人気の場所です。
席の前には水の流れる小川のようなものを作ってあり、その周りにはシダや苔がいい感じに育ち、その向こうは杉並木が見える賑やかな観光地とは思えない静寂な雰囲気が漂っています。

今日の午前中は大雨でした。
その雨が午後になり嘘のように晴れ、雨に洗い流された緑の美しい色合いと、清清しい空気は言葉に表せないほ素敵でした。

この席は若いカップルはもちろんですが、年配のご夫婦がゆったりとお茶をしながら過ごされている様子などもよく見かけます。
気持ちが癒され、穏やかになる風景を眺めながら、
心を許せる人とゆったりと時を過ごす…
今の私には憧れてしまう光景です。
憧れで終わってしまうことが残念で、
ちょっぴり寂しい胸の奥に痛みを感じますが。
せめて1人で緩やかな時間を楽しむ余裕が持てるようになりたいです。
スポンサーサイト
[ 2007/06/26 ] 感じた! | TB(0) | CM(3)

でんでんむしむし かたつむり♪

ajisai.jpg


東北もいよいよ梅雨入りした今日、朝から雨でした。
いつも出勤する道で、おばあちゃんに連れられて3歳くらいの女の子が保育園に向かって歩いています。
今日は傘をさし、手をつないで歩く2人。
追い越していく私の耳に、『つのだせ、やりだせ…♪』と歌うおばあちゃんの声。それを真似しながら、『つの??やり??』と可愛く問い返しながら歌うお孫さん。
なんだか自然と笑みがこぼれてしまう、とても素敵な光景でした。

核家族化がすすみ、祖父母との同居が減ってきている今の時代。
子育てに関する考え方の違いとか、両親と祖父母の衝突なんていう話もよく耳にしてきました。
確かに一緒に暮らしていれば、いろんなことが起きるのは容易に想像できます。ただね。。。
子育て真っ最中の世代って、働き盛りでとても忙しい時期と重なる。共働きで子育てするって本当に大変なことなんですよね。子どもの生活に合わせてなんてなかなかできなくて、追いまくって急がせてしまうことだってしょっちゅう。それに引き換え、祖父母の世代になると、少しゆとりができてゆったり気分で子どもに接することができるように感じます。
雨の日に、歌を歌いながらゆっくりと歩いて保育園へ向かう。
これって、子どもの心に大事な気持ちを育てるような気がします。
親がしたくてもなかなかできないことを、祖父母世代がしてくれる。
年寄りは口うるさくて面倒でって思うこともしばしばだけど、それを超える素敵なものも与えてくれているんですよね。

朝のあわただしい出勤途中、嬉しい気持ちにさせてくれる歌声でした。
[ 2007/06/22 ] 聞いた! | TB(0) | CM(2)

元気なふり…

2007.6.18_003.jpg


自分の気持ちを奮い立たせるためにも、
頑張って前を向いて進むためにも、
元気なふりをして過ごしているような気がする。
でもそれが結構しんどくて辛い時がたくさんある。
自分の中の矛盾や、苛立ちや、満たされない気持ちと、
どうやって向き合っていけばいいのかわからなくなることもある。
難しい課題だなぁ。。。
[ 2007/06/19 ] 見た! | TB(0) | CM(0)

どうしてだろう…

2007.6.15_12.jpg


心のどこかにポカッと穴が開いて、
そこから冷たくて救いようのない風が吹き抜けている…
そんなたとえようのない孤独感を感じてしまうのは何故だろう。
生きていくうえでは、
どんなに願っても、想っても、念じても、
思うようにならないことがたくさんあるのは誰でも同じなのに。
人が生きていくことは当たり前のようだけど、
でもそれがとても難しいことに感じる時もあるね…
心身ともに疲れがピークにきているのかな。

[ 2007/06/18 ] 見た! | TB(0) | CM(0)

小堀遠州

寺の庭の一角に小堀遠州作の石庭があります。
あまり詳しいことを知らないのですが…
もともとは武士だった人のようですが、多彩な才能の持ち主であり、
一流の茶人でもあったようです。
また、建築造園にもすぐれた才能を発揮したとのことで、その小堀遠州の庭が残っているとのこと。
この写真ではよくわからないかもしれないですが、
池の向こう側の苔むすです。

2007.6.15_11.jpg



2007.6.15_10.jpg

[ 2007/06/17 ] 聞いた! | TB(0) | CM(0)

雨上がりの庭

昨日の昼休み、雨上がりの庭を歩いてみました。
つい数日前とまた違う表情を見せる薔薇の花たちです。
携帯のカメラなので、あまり近くに寄れないし、広い範囲をとらえて全景が撮れないのが残念です。
雰囲気だけでも伝わるといいなぁと。

2007.6.15_1.jpg


2007.6.15_6.jpg


2007.6.15_3.jpg


つぼみが開くと…
2007.6.15_4.jpg


一重の薔薇もシンプルで素敵
2007.6.15_5.jpg


2007.6.15_7.jpg


2007.6.15_8.jpg


2007.6.15_9.jpg

[ 2007/06/16 ] 見た! | TB(0) | CM(0)

充実した休日

bluepoppy.jpg


今日は休みで1日自分のための時間を過ごした。
最近は休みが少なくて、病院に行ったり、家のことをしたり、母と買い物に行ったりするとあっというまに1日が終わってしまうことが多く、丸々1日を自分の時間として過ごすことがなかなかできない。
今日は朝から予定を入れて久しぶりにゆっくりと充実した1日だった。たまにはいいなぁ。こんな日。
いつか泊りがけでなんていう過ごし方ができるような身分になってみたい…と小さな夢です。
[ 2007/06/13 ] 感じた! | TB(0) | CM(0)

バラ寺

庭の美しさを誇るお寺の庭の写真の続き。
別名『バラ寺』とも呼ばれるほど、いろいろな種類のバラが植えられています。
仏教では棘のある花はあまり好まれないですが、このお寺はバラがシンボルになっています。
たくさん撮ったのですが、綺麗に写っていないものも多く。
比較的ちゃんと撮れたものです。
まだ咲いていないもの、もう終わってしまったもの…
タイミング良く咲きそろうのは難しいのが自然の世界ですね。

2007.6.12_1.jpg



 2007.6.12_2.jpg


2007.6.12_4.jpg



2007.6.12_5.jpg


2007.6.12_6.jpg


2007.6.12_7.jpg


2007.6.12_8.jpg


2007.6.12_3.jpg

[ 2007/06/12 ] 見た! | TB(0) | CM(0)

花のある生活

弟が同居しているお嫁さんのお父さんは、お庭に花をいっぱい咲かせ、丹精込めて野菜を育て、心豊かな生活をしている方。
言葉数は少なくて、お世辞を言うような方ではないけれど、素朴で暖かい人柄が感じられる。
今日、用事があって母と一緒にお邪魔した帰りに、咲いていた花を少しずつ頂いてきました。母が作った花瓶に入れて楽しませてもらっています。

2007.6.10_1.jpg

[ 2007/06/10 ] 見た! | TB(0) | CM(2)

駐車場で

会社の駐車場を借りることができなくて、近くの町営の無料駐車場に毎日停めているマイカー。
分相応にと、ランサーを手放し、格安のおんぼろ軽自動車を譲ってもらいました。
ぶつけて凹んでいたり、ドアがうまく閉まらなかったり、 バンパーが錆びて穴が開いていたり(これは友人に応急処置をしてもらいましたが)、ちょっとすごいぞって車ですが、私にとってはなくてはならない相棒です。
毎日駐車場で主の帰りをひっそりとひたすら待っていてくれます!

mycar.mono.jpg

[ 2007/06/03 ] 感じた! | TB(0) | CM(5)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。